90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

全盛期のキムタク伝説が凄すぎる! みんながロン毛に憧れた?

ライター情報:さのゆう

キムタクは今でこそ「人気が落ちた」「演技が同じ」などとネットで叩かれてしまうことが多くなったが、全盛期といえる90年代~20年代前半の人気は凄まじいものがあった。今回はそんなキムタクの異常ともいえる人気を振り返っていこう。

【ドラマ視聴率が異常な高さ】


当時の人気を図るには出演していたドラマの平均視聴率を見るのが一番良いだろう。キムタクはドラマで輝かしい実績を残している。

「あすなろ白書」 27.0%
1993年フジテレビ系列。女子大生を中心にした男女5人を描いた作品。恋愛と友情の狭間に揺れる若者たちを描いている。キムタクは主演ではなかったが、黒ぶちメガネの取手役を熱演して役者としての転機となった。また、後ろから抱きしめる「あすなろ抱き」がブームに。

「人生は上々だ」 20.1%
1995年TBS系列。ダウンタウンの浜田雅功とともに主要人物を演じる。キムタクはギャンブルに明け暮れ借金に追われる若者の役どころ。

「ロングバケーション」 29.6%
1996年フジテレビ系列。山口智子とのW主演でピアニスト役を演じる。(劇中の演奏シーンはキムタク自身が弾いている)窓からスーパーボールを投げてキャッチするシーンが多くの人の印象に残った。「月曜日の夜はOLが街から消える」と言われるほどの社会現象になる。

「ラブジェネレーション」 30.8%
1997年フジテレビ系列。広告代理店で働く役で、松たか子演じるOLとの恋を描いている。

関連キーワード

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年10月26日 09時55分

コメント 1

  • 通報

    キムタクを超えられる人はいない

    29
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!