90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

高橋由伸 ヤクルト行きが99%決まっていた過去

ライター情報:さのゆう

先日、高橋由伸の現役引退&監督就任が決定しました。今シーズンも代打で打率.395を残すなど、まだまだ選手としての活躍が期待できたにもかかわらず、原辰徳氏の退任や野球賭博問題が重なってのこの決定。納得のいっていないファンも多いのではないでしょうか。しかしさかのぼってみると、由伸の巨人入団の経緯も、周りの状況に翻弄された不運なものでした。

【誰もがヤクルト入りすると思っていた】


慶応大学に在学していた由伸は六大学野球のスター選手だったこともあり、どこの球団に行くのかがメディアでかなり注目を集めていました。
そして1997年11月4日、当時慶応大学4年だった由伸は、巨人を逆指名することを会見で発表しました。中々意中の球団を発表しなかったこともあり、この会見の後は当時の総理大臣までもが、この件に関してコメントするほどの注目度でした。

しかし事前の報道では、由伸はヤクルトに行くという声がほとんどでした。あの巨人のお膝元であるスポーツ報知でさえも、会見当日の朝は「高橋由伸、ヤクルト入りが濃厚」と伝えていたほどです。

【あきらめムードだった巨人関係者】


いったい何が起きたのでしょうか? 逆指名翌日のスポーツ報知を見ると、巨人の関係者も相当なあきらめムードだったことが伝わってきます。
末次スカウト部長(当時)は報知の記者に対し、
「逆指名の会見を当日に控えているのに、今まで(4日深夜0時)まで何の連絡もない。どう理解すればいいんだ」、「残念ながら大きな進展は確認できていない。

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年10月28日 10時02分

「高橋由伸 ヤクルト行きが99%決まっていた過去」のコメント一覧 1

  • 名無し 通報

    巨人ファンは高橋監督の就任経緯を可哀想と同情し、「何があっても監督は批判しない」と嘯くいていましたね。 今どうでしょうね?本当に批判せず、応援できている巨人ファンなんて存在しないのでは?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!