3

殺人事件に転落死、『天までとどけ』出演者を襲った悲劇とは

90年代に人気を集めた大家族ホームドラマ『天までとどけ』。月~金曜午後1時から30分間のTBS系『愛の劇場』枠にて、91年の3月~5月に掛けて全60話を放送。反響も上々で93年を除いて毎年シリーズ化し、99年のパート8まで続いた長寿番組だ。
新聞記者の父・雄平(綿引勝彦)と専業主婦の母・定子(岡江久美子)、そして12人の子供たち(パート1の最後に13人目が誕生)が暮らす丸山家の日常をにぎやかに描いて...

コメント 3

  • みみみ 通報

    ほんと、いいドラマだった。 今の子たちにも見せたい。 大家族って言っても、ただ産めばいいってもんじゃないんだぞって。

    31
  • ひで 通報

    さらなるデスドラマエピソードが、今日知らされた。主題歌を歌っていた川越美和さんがすでに9年前に孤独死していた事実。衝撃です。

    7
  • 匿名さん 通報

    三男ですよ。残念。

    0
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!