90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

『料理の鉄人』の絶大すぎる影響力 料理の歴史を変えてしまった!

1993年10月の放送開始直後より話題を集めた『料理の鉄人』。レギュラーシェフである「鉄人」にゲストシェフの「挑戦者」が料理勝負を挑む料理バラエティ番組だ。当初は30分枠として始まったものの、人気を受けて翌年には45分枠に拡大、特番もたびたび放送しながら99年9月までの長寿番組となった。
懐かしの『包丁人味平』や『ミスター味っ子』といった料理バトルマンガの世界が現出した訳だが、その演出もマンガ的というかプロレス的というか、過剰なまでにショーアップされていたのが一大ブームを巻き起こしたポイントではないだろうか?

料理対決はプロレスチック!?


会場はあらゆる食材が揃う、美食アカデミーのキッチンスタジアム。ド派手な衣装に身を固めたアカデミー主宰者の鹿賀丈史が、舞台掛かったオーバーアクションの前口上で挑戦者を呼び込み、視聴者を独自の世界に引きずり込む。
「蘇るがいい、アイアンシェフ!」の掛け声と共に、肖像画が描かれた巨大パネルをバックに「せり」から上がって鉄人たちが入場。鹿賀丈史はまさにリングアナ兼、鉄人たちのマネージャーといったところ。挑戦者は「和・フレンチ・中華」の鉄人たち(97年からはイタリアンも加わった)の中から相手を指名し、対戦カードが決定する。主宰者が披露したテーマ食材を元に、その魅力を引き出した料理を1時間内に仕上げなければならない真剣勝負。「アレ・キュイジーヌ!」が試合開始のゴング替わりだ。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2015年11月9日 11時00分

「『料理の鉄人』の絶大すぎる影響力 料理の歴史を変えてしまった!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!