90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「僕は別方向に」日本語ラップの先駆者・GAKU-MCが目指す今後

ライター情報:さのゆう

日本語ラップの先駆者・EASTENDのメンバーとして、『DA.YO.NE』などのヒット曲を世に送り出したGAKU-MC。ソロに転向した後も、年60本のライブをこなしたり、Mr.Childrenの桜井和寿とのユニット「ウカスカジー」として活動したりと精力的だ。今回はそんなGAKUさんに自身の音楽活動のことはもちろん、旅やサッカー、そして盟友・桜井和寿についてなど様々なことを聞いてみました!

【日本語ラップのパイオニア―GAKU-MC―】


EASTENDとして活動を始めた当時は、まだ日本語ラップの音楽シーン自体が出来ていませんでした。そんな中でラップを始めたきっかけはなんだったのでしょうか?
「高校のときに好きになったラップを自分でもやるようになったのは、もっとヒップホップを知ってほしいという思いからですね」
ラップを始めた時のこの思いは変わらず、20年以上経った今も“ラップはもっと多くの人の背中を押せるもの”だから、いろんな人に聞いてもらいたい、というモチベーションで活動しているそう。

GAKUさんはその後、1994年に『DA.YO.NE』をEAST END×YURI名義でリリース。この曲が大ブームとなり、一躍日本語ラップの先駆者となりました。
『DA.YO.NE』で僕らは自由を手に入れることができました。それまでは、みんなに“こっち向いてよ”という思いで活動していましたが、この曲のヒットでみんなが聞く耳を持って接してくれるようになった気がします」と当時を振り返ります。

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年11月12日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!