90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「ヴィジュアル系御三家」と呼ばれたバンド「蜉蝣」の魅力を振り返る

「嫌」(大佑と黒の隠者達 )/亡国の騎士団

[拡大写真]

2000年代のヴィジュアル系シーンを象徴した3つのバンドがある。現在でも活発な動きを見せるバンド「MUCC(ムック)」、「MERRY(メリー)」、そして2007年に解散した「蜉蝣(かげろう)」だ。“ヴィジュアル系御三家”と呼ばれたかれらは、90年代末から2000年代のシーンを独自の世界観で牽引してきた。3バンドのボーカルが特に深い交友関係にあったことはよく知られており、それが“御三家”と呼ばれるゆえんでもあった。

キラキラとしたポップなバンドが増加傾向にあった2000年代初頭のV系シーンにおいて、“御三家”は、哀愁、ダークさ、儚さ、エログロといった独自の路線を貫き、若手のバンドに多大な影響を与えていた。衣装、メイクだけでなく、無論その音楽性もアクが強く個性的。バンドの顔であるボーカル3人は、近づきがたい印象を与えながらも、同時に人間味や泥臭さが魅力的だった。

しかし、2010年。蜉蝣の“カリスマボーカル”大佑が、突如この世を去る。2010年8月16日に東京・ZEPP TOKYOで開催された「大佑お別れの会」には、多くのファンやバンドマンが駆けつけ故人を悼んだ。ヴィジュアル系シーン全体を深い哀しみに包んだこの出来事は、2000年代の同シーンに一つの終幕をもたらした出来事と言ってもいいだろう。今回は、そんな「蜉蝣」について振り返ってみたい。

カリスマボーカル大佑を抱えた「蜉蝣」


1999年9月、まさに世紀末に結成された「蜉蝣」。

ライター情報: ヤマグチユキコ

コスメや恋愛ネタ、テレビネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

2015年12月19日 06時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!