90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

山田優やISSAが登場! 「ちゃお」に前衛的な連載漫画があった

イメージ画像は、「ちゃお」 2016年04月号表紙より

[拡大写真]

中学3年生、14歳で漫画家デビューした作家が話題を呼んでいる。「ときわ藍(らん)」さんは、小学生に人気を誇る少女漫画雑誌「ちゃお」(小学館)の4月号で、漫画家としてデビューした。

「第77回 小学館新人コミック大賞」において、彼女は少女・女性部門で大賞を受賞。2016年の4月号から、作家として「アイドル急行」の連載をスタートさせる。14歳の少女を作家として起用する「ちゃお」編集部の姿勢には頭が下がる。新しい才能を育てようという意気込みは、漫画ファンとしても嬉しいところだ。

ちゃおの歴史を見てみよう


1977年に「ちゃお」が独立創刊されて以来、小学校低学年の少女を中心に支持を集めてきた同誌だが、1992年頃には発行部数が10万部台に低迷し苦しんだ時期もある。

その頃は、「りぼん」や「なかよし」に比べると二流の印象が拭えない「ちゃお」だったが、90年代後半以降には『こっちむいて!みい子』(おのえりこ)、『水色時代』(やぶうち優)、『アリスにおまかせ!』(あらいきよこ)などの人気連載が登場し人気が復活。ほかにも、アニメ化された『Dr.リンにきいてみて!』(あらいきよこ)、『ミルモでポン!』(篠塚ひろむ)など、人気作品を複数抱えていた。

ギャグから甘酸っぱい恋愛モノまでを幅広くカバーするようになったことや、豪華な付録をつけるようになったことがきっかけで、「ちゃお」は「りぼん」「なかよし」とは異なる新しい路線を確立したのだ。

関連キーワード

ライター情報: ヤマグチユキコ

コスメや恋愛ネタ、テレビネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

2016年3月5日 06時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!