90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

『振り返れば奴がいる』の脚本 三谷幸喜に決まった理由は

ライター情報:篁五郎

織田裕二の数々の主演ドラマの中でも数少ない悪役を演じた『振り返れば奴がいる』。このドラマの舞台裏はかなりドタバタしていたらしい。後に明らかになったそれらエピソードを紹介していきたい。

三谷幸喜が脚本に決まった経緯


『振り返れば奴がいる』は1993年1月から3月にフジテレビ系で放送され、脚本は三谷幸喜が担当した。三谷自身、ゴールデンタイムで初めての脚本であったが、そこには大きな苦労があったという。

まず三谷にドラマの話が来たのは放送前年の秋。翌年の1月放送開始にもかかわらず、ドラマの設定もまったく仕上がっておらず、織田と石黒のオープニングシーンだけしか撮影していなかった状態だった。というもの、担当していた脚本家が直前に降板。そんな状態で三谷にお鉢が回ってきたのだ。
三谷はプロデューサーから「医療ドラマを書いてくれ」と言われるも、三谷は「医療はブラックジャックしか知らない」と一度は断ったそう。しかし「それでもいいから」と言われ、今まで書いたことのない医療ドラマを書くはめに。三谷は相当苦労をしたらしく、一話の脚本を10日かけて書いていたらしい。

織田裕二が三谷脚本に激怒?


制作の遅れはドラマの撮影に入ってからも続いた。三谷の脚本は現場でダメ出しをされ、その場で変更されることもしばしば。
最終回の名シーン、織田演じる司馬が元上司に背後から刺されて倒れる場面も急遽決まったものだという。当初は通り魔によって刺されるという脚本だったが変更となり、既にクランクアップしていた西村雅彦が演じていた平賀に白羽の矢が立った。

ライター情報: 篁五郎

酒とラーメンと麻婆豆腐と餃子をこよなく愛する独身おっさん物書き。書くものは雑食系。できることからやるをモットーに90年代を懐かしつつ記す日々

2016年3月12日 22時34分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!