90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

木村拓哉がファンを流血沙汰に追い込んだ事故とは?

(イラスト:ハセガワシオリ)

[拡大写真]

日本中を騒がせたSMAP解散騒動では裏切り者扱いされ、評価が急降下した感がある木村拓哉。思えば10年近く前にも激しくバッシングされたことがあった。一般人を流血沙汰に追い込んでしまった事故の時だ。

木村拓哉主演「月9ドラマ」、収録現場で起こった悲劇


2004年のフジテレビ系月9ドラマ『プライド』の収録現場で事故は起こった。
このドラマは、実業団のアイスホッケーチームを舞台とした青春ドラマ。竹内結子、佐藤浩市、市川染五郎、坂口憲二などの豪華キャストに、脚本は野島伸司という鉄壁の布陣で臨んだ意欲作であり、平均視聴率も25%を獲得している。

2004年1月20日、ドラマの収録は横浜市内のスケートリンクで行われていた。ドラマの収録が一段落して休憩に入った中、木村はパックをスティックで打って跳ね上げる練習をしていた。
その練習中、観客席にいたエキストラの一人が「こっちに打ち込んで」と声を掛けたという。その期待に応えて木村がパックを手で投げると、観客の一人がそれをキャッチ。これがきっかけとなり、自然とキャッチボールが始まったのだ。
まさかのファンサービスに、エキストラとして参加したファンたちは大歓声を送り続けた。そこで、乗ってきたキムタクはスティックでパックを打ち込むことに。しかし、これが良くなかった。
パックが一人の女性の顔面を直撃してしまったのだ。

キムタクの放ったパックにより女性の顔面が血まみれに!


木村と観客席の距離は約10m。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2016年4月5日 00時03分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    セルフプロデュースが上手いと思っていたけど解散して、そうじゃなかったんだと分かった。刺青の事といい、皆周りが仕立てた人形なんだと。今は嫁が代わってやってるけど、下手過ぎてもうボロボロ。

    5
  • 匿名さん 通報

    スピード違反で免許停止になったときも釈明しませんでしたね。逃げるしブレる人。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!