90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博が同人誌で暴露した内容とは

週刊少年ジャンプで連載が再開された『HUNTER×HUNTER (ハンター×ハンター)』。実に1年8ヶ月ぶりの掲載だ。1998年の連載開始以来、この18年の間に何度も休載を重ねてきた同作。連載期間の実に6割は休載してきたことになる。
今回の休載の主な理由は、作者である冨樫義博の重度の腰痛のためとされているが、そもそもこの冨樫先生、週刊連載のシステムにはとことん向いていないタイプ。最初の大ヒット作『幽遊白書』の連載終了後に、自ら告白していることからも明らかである。

人気絶頂の中、唐突な終了を迎えた『幽遊白書』


『幽遊白書』は'90年に連載開始。格闘マンガ路線にシフトして人気が爆発。一躍ジャンプの看板作となり、'92年にはテレビアニメ化もされている。しかし、作品の盛り上がりとは裏腹に'94年に突如終了を迎えてしまう。
ジャンプの掲載順位も上位のままで安定した人気を誇り、アニメの視聴率も絶好調の中でのまさかの事態。トーナメントバトルの盛り上がってきた展開をぶった切っての唐突なラストであった。
もっとも、当時は明らかに絵柄が荒れていることが多く、不安な要素はいくつか露呈していたのだが……。

最終回が掲載されたジャンプ巻末の作者コメントには、「しばらく放電します」と意味深なメッセージが。そして、この「放電」が大きな波紋を呼ぶことになる。

連載終了直後にコミケ降臨! 同人誌を無料で配布


連載終了から1ヶ月足らずの'94年8月のコミケに冨樫先生はまさかの参戦。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2016年4月23日 22時11分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    レベルEはアシスタントいるけどねー

    0
  • 匿名さん 通報

    いいから働けよ。ジャンプも甘過ぎ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!