90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

21

貴乃花と宮沢りえ 婚約発表からわずか2カ月で破談までの真相

ライター情報:こじへい

自殺未遂騒動もあった宮沢りえ

[拡大写真]

なんと、この花田家の次男坊と女優の宮沢りえが婚約したというのです。当時の宮沢はまだ19歳。ドラマや映画に引っ張りだこの、まさにこれからという時期で、ちょうど今の広瀬すずのような立ち位置でしょうか。それがまさかの交際&結婚宣言です。ファンの悲鳴と世間の驚きたるや凄まじいものでした。
こうした喧騒とは裏腹に、当の2人はいたって幸せそうにツーショット会見へ臨んでいたのが印象的。貴は強い横綱になるし、りえは可愛らしい女将さんになる……そんな予感を誰しもが抱いていました。

たった2カ月で終わってしまった2人の婚約


しかしそれから2カ月後、永遠を約束したはずの2人の愛が突如として終わりを迎えます。貴乃花が史上最年少大関となった同日に「連絡もとってないし、会ってもいない」「(彼女への)愛情がなくなりました」と語り、りえもその2日後、破局会見を開き「残念です」と破談を認めたのです。
急転直下の展開に世間は困惑。あれほど仲睦まじかった2人に一体何が……。本人たちが多くを語らなかったため、様々な憶測が飛び交ったものの、破局理由は分からずじまい。それから時は流れ、いつしかこの騒動も世間から忘れ去られていきました。

破談の影に意外な人物が……


騒動から22年が過ぎた2014年。意外な人物から真実が語られ、話題を呼びました。「頼まれてぶっ壊したのよ、私が」とテレビ番組で口にしたのは、誰あろう芸能界のご意見番・美川憲一。当時、親交のあったりえの母から娘が結婚を考え直すように、説得を頼まれたらしいのです。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年5月10日 00時02分

「貴乃花と宮沢りえ 婚約発表からわずか2カ月で破談までの真相」のコメント一覧 21

  • 匿名 通報

    人の恋愛を邪魔すると碌なことにならないよ。しかも「いいことをした」と思い込んでいるようでは地獄行き決定だな。

    139
  • 匿名さん 通報

    母娘依存しているとこーなる典型例。いい年して母娘仲の良いところは行き遅れ確率高い。女は自立して孤独を体験しないと男に向き合えない。

    102
  • 匿名さん 通報

    聞いてみたくないです

    51
  • 匿名さん 通報

    それもう知ってることだけど、今頃書く記事かな?

    41
  • 匿名さん 通報

    美川憲一が別れさせ屋を買って出たとか?

    41
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!