90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

イチローと交際、真田広之と不倫、岡村隆史に告白…恋多き魔性の女・葉月里緒奈

ライター情報:こじへい

まず、何が凄いって葉月里緒奈と関係があった3人、全員が当時よりも出世しているのです。真田広之は連ドラ俳優から、『ラスト・サムライ』『たそがれ清兵衛』で国際派スターに。若手コメディアンだった岡村は堅実に人気を維持し続け、今やちょっとした大御所扱い。極めつけはイチロー。球界期待のルーキーは、海を渡りメジャーリーグベースボールの巨星に。
今でもそれぞれの分野で燦然と輝きを放つ3人の男たちですが、それに反比例するかのごとく、彼女の存在感は年月の経過と共に霞がかっていき、ついにはぱったり名前を聞くことがなくなってしまいました。

まず、葉月里緒奈とはどんな女優だったのか、簡単に振り返っていきたいと思います。親の仕事の都合で、10歳から16歳までの期間をアメリカで過ごした彼女は、17歳のとき、『丘の上の向日葵』という連続ドラマで芸能界デビュー。以後、数々のドラマ・映画に出演し、アイドル女優として人気を博しました。ちなみに当時のキャッチコピーは「やる気! 元気! ハヅキ!!」。清純派路線で売り出していこうという事務所の意図が感じられます。

真田広之との不倫交際 壊れた清純派のイメージ


しかし、その清廉さが虚像であることはすぐに暴かれてしまいました。1995年、初主演を飾った映画『写楽』で共演した真田広之と不倫交際していることがスッパ抜かれてしまったのです。当時まだ20歳になったばかりの清純派女優に発覚した、予想だにしないスキャンダルに世間は驚愕。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年5月13日 00時38分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    外見が整っていても、3者が結婚迄踏み切れ無かった理由は性格がビッチだったからだと言うなら納得できる

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!