90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

高木豊に屋鋪要……横浜ベイスターズの解雇劇を振り返る

ライター情報:篁五郎

プロの世界では、実力がない者はすぐ脱落してしまう。プロ野球界でも毎年、多くの選手が戦力外通告を受けているが、その中でも1993年に行われた横浜ベイスターズの解雇劇は大きな話題となった。

球団の顔を一斉に解雇した横浜ベイスターズ


1993年に横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズに球団名を変えて心機一転を図るも結果は5位。その年のオフ、11月8日に6名の選手が球団に呼び出された。
その選手たちの顔ぶれを見ると、過去8度打率3割をマークしたことがある高木豊、盗塁王を獲った屋鋪要、「こけしバット」でお馴染みだった山崎賢一、ローテーション投手の一人である大門和彦、主戦捕手としてホームベースを守ってきた市川和彦、中継ぎ投手の松本豊である。

横浜ベイスターズはチームの中心選手でもあった高木豊や屋敷らを含む6選手に突如戦力外通告を行ったのだ。
突然、解雇通告をされた選手は茫然自失。高木豊は「いきなり呼ばれてクビと言われても……。冷たい?もういいよ。言ってもしょうがない」と言い、屋敷は「ゴミをゴミ箱に捨てるように」と発言した。

解雇された選手のその後


横浜を解雇された選手に対して、各球団はさっそく獲得に名乗りを上げている。
屋敷に対しては、巨人の監督だった長嶋茂雄が「あれだけの守備範囲があって、走れる選手はウチには少ない」と惚れ込み、解雇から僅か1週間で巨人入りが決まった。
高木豊は中日が獲得を検討していたが、直前になって回避したことで日本ハム入りに。

ライター情報: 篁五郎

酒とラーメンと麻婆豆腐と餃子をこよなく愛する独身おっさん物書き。書くものは雑食系。できることからやるをモットーに90年代を懐かしつつ記す日々

2016年5月21日 22時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!