90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

二股交際の末に結婚した香川照之 長年付き合った彼女を捨てた過去

ライター情報:こじへい

5月18日、女優の浜木綿子がフジテレビ系の情報番組『ノンストップ!』の単独インタビューに応じて、話題となりました。浜といえば、俳優・香川照之の実母としても有名。
子を想う親の気持ちというものは、永遠に変わらないのでしょう。この日も歌舞伎界の新参者として奮闘する、50歳の愛息を案じる発言を、度々繰り返していました。

そもそも、香川が歌舞伎役者を志したのは、浜の元夫であり、実の父・市川猿翁の存在があったから。1歳の自分を置いて家を出ていった父親を、照之少年はずっと心に想い続けていました。それには、母から「あなたのお父さんは“市川猿翁”ただ一人」と教えられてきた、教育の賜物でもあったのでしょう。
やがて大人へと成長し、25歳の時には意を決して、猿翁の公演先まで押しかけたこともあります。その際は冷たくあしらわれるも、以後、何度も父の舞台に足を運んだ照之。その想いが結実して猿翁と和解することとなり、今では「市川中車」の芸名を拝するにいたったのです。

父と同じように二股していた香川照之


かくして名実共に、親子として歩みだした2人。しかし元を辿れば、こうした照之の苦難は、猿翁が愛人の元へ出奔したことをきっかけに起こっています。猿翁は12歳の時からの初恋相手、女優・藤間紫への想いを断ち切れず、不倫交際を続けた後、妻と幼いわが子を捨てたのです。
その上、時を経て訪ねてきた息子に対し「僕はあなたの父ではない」「二度と会うことはない」と語ったといいます。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年6月4日 00時02分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!