90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

メディアを騒然とさせた我修院達也の失踪事件 北朝鮮に拉致されていた!? 

ライター情報:こじへい

北朝鮮に拉致された?

[拡大写真]

先日、北海道南部・七飯町で小学2年生の男児が行方不明になった事件が、6日間に及ぶ大規模な捜索活動の結果、無事身柄を保護されて解決となりました。

父親が「しつけ」目的で山林に置き去りにした僅か5分後、忽然と姿を消してしまったことから、「現代の神隠しか?」などと騒がれた今回の騒動。特に外傷などもなく発見されたことで日本中が安堵に包まれたのと同時に、不明男児の傭兵的素養も大きな話題に。たった数分で姿を消すステルス性能、ろくな食事も取らずに森の中を5日間歩き回れる体力と鋼のメンタルなど、7歳児とは思えないソルジャーっぷりが、ネット界隈で反響を呼んでいるのです。

ところで、謎多き失踪事件で思い出されるのが、今から25年前に起こった我修院達也(若人あきら)失踪事件。彼のことは40代より上の世代にとって「郷ひろみのモノマネ芸人」、ジブリフリークにとって「カルシファーと青蛙の声の人」、全盛期のめちゃイケを見ていた世代にとって「浜口優どっきりシリーズに出てた人」としてお馴染みでしょう。

防波堤へ釣りをしにいったまま、忽然と姿を消した我修院達也


そんな我修院達也が事件に巻き込まれたのは、まだ若人あきらと名乗っていた1991年のこと。この日、彼は家族・知人らと共に観光のため、熱海に来ていました。
午後3時ごろ。「釣りに行って来る」と言い残し、一人、熱海港へと出かけていった我修院。そこから2時間後の5時ごろ。家族が防波堤まで迎えにいったところ、釣り竿、帽子、カバン、バケツが残されたまま、彼の姿が消えていたのです。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年6月23日 00時04分

「メディアを騒然とさせた我修院達也の失踪事件 北朝鮮に拉致されていた!? 」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!