90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

まさかのV6入りだった岡田准一、選ばれた意外な理由とは?

V6(イラスト:ハセガワシオリ)

[拡大写真]

2011年の『FIVBワールドカップバレーボール』でデビュー以来、番組スペシャルサポーターとしてさまざまなバレーボールの大会で日本チームを応援し、バレーの魅力を紹介してきたジャニーズの若手、SexyZone。
2015年は大会組織委員会から正式に「大会スペシャルナビゲーター」を拝命し、チームの応援、試合進行、大会テーマソングを担当し、大会を盛り上げている。

4年に一度行われる『FIVBワールドカップバレーボール』といえば、今や、ジャニーズのグループのデビュー組がスペシャルナビゲーターを務めるのが慣例で、ジャニーズJr.ファンにとっては、バレーボールの世界大会で次は誰がデビューするのかと期待がふくらむ、登竜門的なイベントになっている。

上京間もない新入りの岡田准一 偶然まさかのメンバー入り


『ワールドカップバレーボール』といえばジャニーズの新人がスペシャルナビゲーターを務めイメージソングを歌う、そんな歴史をつくる第一号となったのが1995年のV6だ。

V6は1995年11月1日デビュー。1995年夏にジャニーズがイメージキャラクターを務めることが決まったが、メンバーは不確定だった。そして、選ばれたのはTOKIOやSMAPの先輩のベテランJr.で年長組のトニセン(20thCentury)の3人ユニット(坂本昌幸、長野博、井ノ原快彦)と、まだヤンチャ盛りだった年少組のカミセン(ComingCentury、森田剛、三宅健、岡田准一)の6名。

関連キーワード

ライター情報: 佐藤ジェニー

杜の都仙台生まれ・在住。雑誌・広告記事を中心に雑食系コンビニエンスライター。約3年間の音楽系フリーマガジンの代表・編集長時代に多くのミュージシャンにインタビューを行う。ジャニ&ライブLOVE。

2016年7月2日 01時07分

「まさかのV6入りだった岡田准一、選ばれた意外な理由とは?」のコメント一覧 1

  • 特命さん 通報

    何かの雑誌で岡田君が「現場で喉が渇いたな、とつぶやいたら、すぐお茶が出てきた。これに慣れちゃいけないと感じた。」と言ってた。若いのに偉いなと思った。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!