90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

22

フジテレビの女帝・安藤優子の恋愛遍歴、不倫・略奪婚を2回も経験していた!

ライター情報:こじへい

『スーパーニュース』や『ニュースJAPAN』など、長らくフジテレビ系の番組にレギュラー出演しているため、安藤優子を同局の社員だと思っている方も多いことでしょう。
しかし実は彼女、フジの局アナではありません。それどころか、一度も会社に所属したことがない、一貫してフリーランスの立場をとるキャスターなのです。そのため、昔はテレ朝の番組などにも出演しており、なんと『ニュースステーション』でリポーターを務めていた時期もあるのだとか。

フジテレビで確固たる地位を築く安藤優子


そんな彼女が、現在まで続くフジとの蜜月を開始したのは、1987年のことでした。当時、『ニュースステーション』を降板し、大学で学び直していた安藤のもとへ、『FNNスーパータイム』の出演依頼が届いたのです。

以降、1994年~2000年には『ニュースJAPAN』、2000年~2015年には『スーパーニュース』のキャスターに起用されたことで、「フジテレビ・報道の顔」として認知されるようになったのはご存知の通り。
永遠に変わらないベリーショートの髪型に、きちっとしたジャケットスタイル。煌々と照りつける下からの照明をもろともせずに、原稿を淡々と読み上げるスマートかつ威厳たっぷりなデキル女、もとい「女帝」の姿を、私たちはテレビで20年以上見続けてきたのです。

仕事でも私生活でもその豪腕っぷりを発揮する安藤優子


そもそも、なぜ彼女は、男社会の報道畑で女だてらに立身出世を成し遂げられたのでしょうか? それは、類稀な語学力や、28歳で大学へ復学するほどの旺盛な知的好奇心、「70歳まで現役」を掲げる日々の節制などが、要因だと考えられます。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年7月6日 01時09分

コメント 22

  • 不潔だわ 通報

    安藤もそうだが、宮根も隠し子とか、下半身が「緩い」人間がコメンテーターとかやるなよ。

    179
  • 匿名 通報

    2回も不倫略奪婚したくせに、自分の考え・知識が正しいと思い込んでる。水素水が話題になった時は『グッデイ』で「水素水を飲んだ事が無いなんて、信じられな~い」と他の出演者を馬鹿にした。

    162
  • パイン 通報

    女を売りにしてコネクションを拡大した典型。このようなやからが、跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)しているから、メディア業界は、女性をモノとして扱う業界に堕落したと思ってます。

    126
  • サプリ 通報

    反射板当て過ぎ!

    53
  • 匿名 通報

    実力があるのだから、文句言っても無駄だよ。テレビに出るのが仕事なら、プライベートも報道する雑誌とかあるのだから、それも込みで仕事してるんじゃない。神仏のような人間面白くないし。

    35
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!