90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

やりすぎ写真家・加納典明、ついに逮捕の顛末

狩野英孝との2股騒動で話題となったモデルの加藤紗里。早くも「誰だっけ?」といった声が聞こえてきそうだが、6月には写真集を発表し、再びちょっとした露出となってる。
しかし、それより何より、そのカメラマンが加納典明だったことの方が印象的だった。90年代、過激なグラビアで一躍時代の寵児となった写真家、加納典明。随分久しぶりにその名を聞いた気がするのは筆者だけだろうか?

ダウンタウンの番組も出演 バラエティでも人気者だった加納典明


写真家でありながら、小説を発表したり、映画に出演したりと、マルチに活躍していた加納典明。90年代はバラエティにも進出し、毒舌とぶっきらぼうな態度のキャラクターが広く認知されることとなった。
フジテレビ系のクイズバラエティ『世界の常識・非常識』では、ダウンタウンを従えてチームのキャプテンを務めるほど。これが縁となり、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『ダウンタウンのごっつええ感じ』にもたびたび出演を果たしている。
クイズ番組でのニーズは特に高かったようで、島田紳助と徳光和夫が司会を務めたTBS系『ダウトをさがせ!』でも、独特な存在感を示していた。

過激すぎる加納典明の写真集、70万部の大ヒットに


ブレイク中の1993年2月、全ページが加納典明の撮りおろしとなるヌード雑誌『月刊 THE TENMEI』を創刊。「オスの視線の、何がわるい。」とのキャッチコピーが示すように、男性が欲情することに比重を置いた過激なヘアヌードがラインナップされていた。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2016年7月29日 00時01分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    けっきょく優秀なアシスタント付けてスター写真家として祭り上げてたんでしょ。 アシスタントが独立しちゃったら、実力不足で鳴かず飛ばず。。

    2
  • 匿名さん 通報

    今は何でもありの状況だけどな・・・。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!