90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

人気番組だった『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』はなぜ終わったのか?

ライター情報:下地直輝

『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』

[拡大写真]

1996年10月6日、12年にわたり続いた人気番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』シリーズ(以下元気TV)が最終回を迎えた。1985年4月に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』としてスタートし、1995年10月からは内容をリニューアル。『超天才・たけしの元気が出るテレビ!!』となるもわずか1年で終了した。

『元気TV』の終了は、裏番組の『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)に視聴率で負けたためと言われる。確かにその側面はあるが、『元気TV』はすべてをやりつくして衰退を迎えたと見ることもできよう。それほど『元気TV』は、バラエティ番組のあらゆる要素を網羅していた。

革新的だった『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』


現在では多くの番組で見られる、事前収録のVTRをスタジオで視聴者、出演者がともに観覧し、感想を述べあう“サブ出し”の手法は『元気TV』によって定着したものである。さらに人間の成長の記録などを随時見せていく“ドキュメントバラエティ”の手法も『元気TV』が確立した。

また、番組が注目したのは既存のタレントではない素人。話すうちに入れ歯がはずれてしまうおじいさんのエンペラー吉田やオカマの日出郎、青森の素朴な訛りが憎めないヤンキー三上大和など、多くの名物キャラクターが誕生している。
的場浩司、山本太郎、グレートチキンパワーズなど、番組出演をきっかけにプロとなった人間も多い。

ライター情報: 下地直輝

実話誌編集者を経てライター。興味関心領域は、怪しい東南アジア、深夜ラジオ、90年代サブカルチャー、メディア文化史、出版文化、近現代史などです。

2016年9月19日 00時39分

「人気番組だった『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』はなぜ終わったのか?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!