90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

乱闘寸前も! 高田純次、素人いじりの原点『元気が出るテレビ』

ライター情報:近添真琴

『じゅん散歩』も人気な高田純次

[拡大写真]

2015年9月より放送中の『じゅん散歩』(テレビ朝日系)が人気を博している。高田純次が東京近郊を散策しながら地元の人々と交流する『じゅん散歩』は、地井武男の『ちい散歩』・加山雄三の『若大将のゆうゆう散歩』に続く散歩シリーズの3作目。
『じゅん散歩』は、前2作からの中高年ファン層に加え、高田のテキトー発言を聞きたい若者のファンも獲得している。

「こんにちは、ジョージ・クルーニーです」と挨拶しながら和菓子屋に入っていったり、ベビーカーに乗った幼児に「お嬢さんは大学生?」とたずねたりと、軽快な素人いじりを繰り出す高田の散歩姿はネット上でも好評だ。高田のこの芸風の原点は、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)にあるといってもいいだろう。

素人いじりインタビューの原点「いかにもシリーズ」


『元気が出るテレビ』が放送されたのは1985年~1996年にかけて。番組内の数ある人気コーナーの中でも、高田が街に繰り出して素人にインタビューするオープニングコーナーは番組名物だった。

オープニングコーナーのひとつ「いかにもシリーズ」は、街を歩く人を高田が勝手に「いかにも○○」と決めつけ「すみません、○○ですか?」と質問するというもの。
スーツにハットをかぶったサラリーマンがいれば「すいません、アンタッチャブルですか?」と呼び止める。ちなみにアンタッチャブルとは、映画『アンタッチャブル』でケビン・コスナーが演じた刑事の服装のことを指している。

ライター情報: 近添真琴

記者/ライター。得意分野はテレビ全般・インターネット文化(2ちゃんねる・ツイッター等)・日本古代史や日本神話・各地の都市伝説など。

URL:「頭おかしい認定ニャ」

2016年9月25日 00時01分

「乱闘寸前も! 高田純次、素人いじりの原点『元気が出るテレビ』」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!