90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

6

「平成の大エース」斎藤雅樹のありえない凄さとは?【プロ野球世紀末ブルース】

ライター情報:死亡遊戯

「平成の大エース」斎藤雅樹(※写真はイメージです)

[拡大写真]

平成のプロ野球、最強投手は誰だろうか?

居酒屋で多くの野球ファンが、一度は盛り上がったことのあるこの話題。近鉄時代の野茂英雄、怪我をする前の伊藤智仁、デビュー当時の松坂大輔、5年連続防御率1点台のダルビッシュ有、シーズン24連勝の田中将大と意見は分かれるところだが、30代より上の世代ではこの男の名前が真っ先に挙がることが多い。
今年1月に野球殿堂入りを果たした「平成の大エース」こと斎藤雅樹(現巨人2軍監督)だ。

外れ1位だった斎藤雅樹


斎藤は市立川口高校から1982年ドラフト1位で巨人入団。と言っても、あの甲子園のアイドル荒木大輔(元ヤクルト)の外れ1位指名である。そう言えば、今シーズン初の首位打者を獲得した坂本勇人(巨人)も2006年、堂上直倫(中日)の外れ1位選手だ。外れクジが結果的にチームの未来にとっては大当たり。まさに斎藤もそんなパターンだった。

あだ名は同姓の欽ちゃんファミリー斎藤清六にちなんで「セイロク」。入団後、非凡な打撃センスが評価されて野手転向も検討される中、当時の故・藤田元司監督の助言でオーバースローからサイドスローに転向。結果的にこの決断が球史を変えることになる。

伸び悩んでいた斎藤雅樹


王貞治監督が就任した2年目の84年にプロ初勝利、翌85年には12勝を挙げる活躍。この時代の巨人は、80年代のローテを支えた江川卓(87年限りで引退)、西本聖(88年オフ中日へトレード)らが30代を迎え、定岡正二はトレードを拒否して85年に引退。

関連キーワード

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、なんでも書くストロングスタイルを標榜。『文春野球コラムペナントレース2017』で初代日本一に輝く。

URL:Twitter:@shibouyuugi

2016年10月12日 22時00分

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    現在40代の巨人ファンですが、当時は、斉藤が投げれば勝つ!!絶対的な雰囲気は本当によく覚えてます。

    20
  • 匿名さん 通報

    大エースには珍しく、人柄的にも謙虚で絵に描いたような「いい人」。それだけに現役当時はキャラや物語性の強い桑田の影に隠れたような感があったけど、当時から私は斎藤雅樹が一番好きなプロ野球選手でした。

    14
  • 浪速のG党 通報

    荒木大輔の当たりくじを引かなくて本当に良かった。当時子供だった私は『市立川口?斎藤雅樹?誰やねん!』とショックを受けたんですけどね。

    11
  • 匿名さん 通報

    当時阪神ファンでしたが、VS巨人戦、先発斎藤雅樹の絶望感… 9割9分負けを覚悟した。

    3
  • 匿名さん 通報

    サイドスローはエースとしてふさわしくない、とか言う人がいたな。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!