90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「松本人志以上の天才」との評価も… 波乱万丈な山崎邦正の元相方

ライター情報:こじへい

落語家になった月亭方正(※写真はイメージです)

[拡大写真]

昔、『ガキの使いやあらへんで!』で、「芸能界 仁義なき 犬猿の戦い!!」という企画が何度か放送されていました。これは、山崎邦正(現・月亭方正)とジミー大西が、些細な言い争いから殴り合いの喧嘩を始めるというリアルな寸劇。演技の範疇とは思えない2人のド突き合いは迫力満点で、コントと分かっていても、何だかハラハラさせられたものです。
さて、この『犬猿の戦い』における激しい応酬の最中、ジミーが山崎にこんなことを言っていました。

「お前とおったらなぁ、そら、のりやすも逃げるわい!」
それを受けて、山崎が「お前、それは言うな……」と急にマジなテンションになってつぶやき、周囲の笑いをさらった一幕がありました。「のりやす」とは誰かというと、山崎の元相方・軌保博光(のりやすひろみつ)のことです。

1994年に解散した、山崎邦正がいたコンビとは?


ピン芸人としてのキャリアが長い山崎ですが、実はGSX(ガスペケ)という漫才コンビとしてデビューしていたというのは、知る人ぞ知る事実。1989年にコンビ名を「TEAMー0」と改めて、ダウンタウンよりも早く東京進出を果たした同コンビは、94年突如解散を発表します。

それから、23年。片や、名屋号を背負う落語家。片や、詩人からミュージシャン、果てはネットワークビジネスの会員まで、さまざまなキャリアを歩んだ流浪の人。同じ芸人というスタートラインに立ちながら、全く違う人生を歩んだ2人。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年10月18日 00時03分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!