90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

90年代「朝ドラ」の最低視聴率に! 菅野美穂がヒロインだった作品とは

ライター情報:空町餡子

「べっぴんさん」でも好演を見せる菅野美穂(※写真はイメージです)

[拡大写真]

9月末に惜しまれつつも幕を閉じたNHK朝の連続テレビ小説(以下、「朝ドラ」)「とと姉ちゃん」は、平均視聴率が今世紀の朝ドラの中で3位という、華々しい結果を残した。
過去の朝ドラ作品中、最高の平均視聴率を記録したのは、前作の「あさが来た」。その平均視聴率は、23.5%という驚きの数値だ。流行語大賞も生み出した「あまちゃん」が20.6%にとどまっているのが意外だが、「とと姉ちゃん」が敗れた平均視聴率第2位の作品はもっと意外だ。

平均視聴率第2位の「さくら」


その作品というのが、2002年前期の「さくら」。平均視聴率は23.3%であり、「とと姉ちゃん」と僅差。
この作品はハワイ生まれ日系4世のヒロインが、日本での生活でギャップを感じながらも中学校の英語指導助手として奮闘する物語で、21世紀の人間関係と和の精神に焦点を当てるという、新しいテーマに挑戦したことが吉と出たようだ。
ヒロインの高野志穂を最近テレビで見ることは少なくなったが、実は「さくら」には中学生時代の長澤まさみも出演していたりする。

90年代の朝ドラ 高視聴率作品は?


では、90年代の朝ドラの中で高視聴率を記録したのはどんな作品なのだろうか?
1990年以降、最も視聴率の高かった作品は、桜井幸子・泉ピン子主演の「おんなは度胸」(1992年)。平均38.5%という、今では考えられないような数値を記録した。温泉ブームに取り残された老舗旅館を、義理の母娘が支えるという物語だ。

関連キーワード

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

2016年10月25日 05時54分

「90年代「朝ドラ」の最低視聴率に! 菅野美穂がヒロインだった作品とは」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    空町餡子って菅野美穂に何か怨みでもあるの?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!