90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

5

会見からわずか3ヶ月後の死…逸見政孝さんが送った闘病生活

ライター情報:下地直輝

皆に愛された逸見政孝さん(※写真はイメージです)

[拡大写真]

「わたくしがいま侵されている病気の名前…病気はがんです」
1993年9月6日、会見を開いたフリーアナウンサー逸見政孝さんの口から発せられた言葉は衝撃的なものだった。午後3時から日本テレビで行われた会見は、各局のワイドショーで生中継された。

「わたくしは1年後に亡くなるのは本意ではありません」
そう述べ、手術に至る経緯が報告される。13年前に31歳の若さで弟を胃がんで亡くしていること、医師から手術の成功確率は数%と言われたことなどが語られた。スーツを着込み、アナウンサーとして冷静沈着な態度を保っているように見えて、眼鏡の奥の瞳には動揺も感じ取れる。

名司会者だった逸見政孝さん


当時の逸見さんは、フジテレビを退職しフリーとなり5年目。『平成教育委員会』(フジテレビ系)でビートたけしと共演し、92年~93年には『FNSの日(27時間テレビ)』(同)の総合司会を務めている。他局でも『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『夜も一生けんめい』(ともに日本テレビ系)といくつもの看板番組を持ち、人気司会者として名を馳せていた。
記者会見ではすべての番組を3ヶ月休み、闘病に専念すると宣言。さらに「公表したということによって自分にこれからはがんと戦うのだということを言い聞かせる」とも述べた。

会見終了後、レポーターたちの間からは拍手が巻き起こり「生還してください!」と力強いエールが向けられた。所属事務所には激励の手紙、電話、FAXが殺到したという。

関連キーワード

ライター情報: 下地直輝

実話誌編集者を経てライター。興味関心領域は、怪しい東南アジア、深夜ラジオ、90年代サブカルチャー、メディア文化史、出版文化、近現代史などです。

2016年11月1日 00時04分

コメント 5

  • 匿名 通報

    何かにつけて反対意見を言いたいバカがいるな。 逸見さんは一発屋な訳がないだろう、苦労人だ。 そして色んな人を助けてスターに育てたりもした。 何も知らないくせにデタラメをほざくな!

    31
  • 匿名さん 通報

    逸見さんの死は悲しかったですし、なんとも寂しい気持ちになったものでした。ご存命であれば、今でも名司会者として活躍されていたでしょう。残念。

    16
  • 匿名さん 通報

    当時小6だった私ですが、ショックだったのを覚えてます。逸見さん好きでした。

    12
  • 匿名さん 通報

    全身転移、数%の成功率しかなかったんだあ〜今、生きてたらどんなアナウンサーになってたんだろうとふとっ思うぐらい素晴らしいアナウンサーでした。もう二度と出て来ないと思う!

    4
  • 匿名さん 通報

    一発屋のただのアナウンサーのガン告知と死に何とも思わない。赤の他人。感情移入し過ぎ。もっと壮絶な人生を送っている人はいくでもいる。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!