90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

批判殺到でスポンサーがクレジット自粛……それでも高視聴率だった『女王の教室』

ライター情報:こじへい

天海祐希が主演している木曜劇場『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)が低視聴率に苦しんでいるようです。初回から視聴率8%という厳しいスタートで、11月3日に放送された第4話は4.9%。関係者の間では「早くも打ち切りか?」と囁かれており、今後の展開に注目が集まってしまっています。

本作は「三ツ星の給食」のサブタイトルの通り、天海演じる三ツ星レストランの天才女性シェフが、ひょんなことから小学校における給食の料理人になるという物語。さて、天海×小学校で思いだされるのは、2005年に放送された連続ドラマ『女王の教室』。
この今から11年前のドラマは、『Chef』のとはまた違った意味で話題になりました。

初回から批判殺到だった『女王の教室』


『女王の教室』は、まるで絶対君主のような強権のもと、担任の6年生クラスを支配する「いいかげん目覚めなさい」が決め台詞の女教師・阿久津真矢(天海祐希)と、その生徒たちの1年間にわたる戦いを描いたドラマ。
従来の学園モノといえば、『金八先生』や『ごくせん』、『GTO』、『伝説の教師』のように、教師vs問題児という図式で展開されるのが定番。が、『女王の教室』は違います。問題のある教師vs善良なる生徒(もちろん一部問題児はいましたが)、という構図のもと物語が進んでいくのです。

実際、この阿久津真矢、教師としてはかなり滅茶苦茶。自分に楯突く生徒を雑用係にしたり、成績の優劣で差別したり、挙句の果てには、生徒を授業中にトイレに行かせないで失禁させたり……。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年11月12日 23時03分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!