90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

ベッキーや本木雅弘も受賞していた! 最も帽子が似合う著名人「ハットグランプリ」

※写真はイメージです

[拡大写真]

2016年の「ベストジーニスト」は、男性がKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が3冠で殿堂入りを果たし、女性は菜々緒が初受賞した。男性はジャニーズタレントが受賞するのが通例のようになっているが、同じくジャニーズの人気投票的なコンテストになっているのが東京帽子クラブの『Hat GrandPrix(ハットグランプリ)』がある。

2016年のグランプリは


『Hat GrandPrix(ハットグランプリ)』は、政治、経済などの様々なジャンルで活躍する著名人から、その年、最も帽子が似合うと思われる人物に投票し、投票数が一番多い男女各1名男女各1名ずつに与えられる賞だ。

「2016年、最も帽子が似合うと思われる人物」として、男性は亀梨和也、女性は菜々緒が投票で選ばれた。いずれも初受賞。亀梨は音楽番組やMVのほか、妖怪人間ベムのベム役や、映画『ジョーカーゲーム』など、ハットがよく似合っており、視線を上に集めることでスタイルアップも成功。ハットのイメージはあるので、今まで受賞しなかったのが不思議なくらいだ。
 
一方、菜々緒は、ハットを上手に使い、マニッシュに、時にはエレガントなファッションをSNSにアップしている。悪女キャラが定着しているが女性の好感度も高く、女優としても作品に恵まれ、2016年に大躍進した一人だ。

第1回のグランプリは本木雅弘と森口博子


現在は、ベストジーニストのように大々的に表彰式などを行なっていないが、1991年に始まり、90年代には東京で表彰式が行われ、その様子が週刊誌や雑誌でも紹介されていた。

関連キーワード

ライター情報: 佐藤ジェニー

杜の都仙台生まれ・在住。雑誌・広告記事を中心に雑食系コンビニエンスライター。約3年間の音楽系フリーマガジンの代表・編集長時代に多くのミュージシャンにインタビューを行う。ジャニ&ライブLOVE。

2016年12月13日 11時00分

「ベッキーや本木雅弘も受賞していた! 最も帽子が似合う著名人「ハットグランプリ」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!