90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

4

小池秀郎「ドラフト8球団競合!絶対に行きたくない球団に当てられた男」【プロ野球世紀末ブルース】

ライター情報:死亡遊戯

※写真はイメージです

[拡大写真]

確か野茂英雄ともう1人いたよね。

野球ファンの間では、ドラフト会議の度にそんな会話が交わされる。あの野茂と並び史上最多タイの8球団から指名された男。90年の小池秀郎(亜細亜大)だ。
大学通算28勝、当時の東都記録シーズン111奪三振を誇る大学No.1サウスポーの小池には西武、広島、近鉄、日本ハム、中日、ヤクルト、ロッテ、阪神の8球団が入札。事前に小池は希望球団を「ヤクルト、西武、巨人」の3球団と表明しており、同時に80年代終盤は暗黒期だった「ロッテ、阪神の2球団だけには絶対に行きたくない」と腹を決めていた。
90年11月24日、ドラフト当日には亜大の大ホールにマスコミや学生たちが集結、完全なお祭り騒ぎとなり、その中心に時折笑みを浮かべる小池がいた。

ロッテに指名された小池秀郎


だが、運命は残酷である。交渉権を獲得したのはよりによって「絶対に行きたくない」ロッテ。
その瞬間、強行指名に成功したロッテ金田正一監督は満面のカネヤンスマイルを浮かべてバンザイ、対照的に表情がこわばり顔面蒼白となった主役は「今は何も言えません…。頭が真っ白です。ロッテの方と会うことはありません」と言葉を絞り出し、その後キャンパス内の広報室に閉じこもり、報道陣の隙を付いて外へ出ると2日間雲隠れ。この時、川崎の自宅ではなく、外部の情報を遮断できる野球部の寮内に避難したという。

前向き発言も 小池秀郎の意外な裏話


ちなみに今となってはあまり語られることはないが、小池は前述の希望3球団以外から指名されても交渉の席につくことを明言していた。

関連キーワード

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、なんでも書くストロングスタイルを標榜。『文春野球コラムペナントレース2017』で初代日本一に輝く。

URL:Twitter:@shibouyuugi

2016年12月14日 15時00分

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    「不条理なドラフト制度」? じゃあ全員逆指名がいいってのか? ドラフトは弱い順に指名することで戦力均衡化を図る優れた制度 小池だって強いチームに行きたがってたわけだろ この記事の結論が一番不条理

    16
  • 匿名さん 通報

    「一見生意気で小憎たらしい人生観」と言われている発言が至って普通の内容

    15
  • 匿名さん 通報

    在日コリアン系の英雄でもある大投手カネヤンを担ぎ出し、前年の野茂を上回る契約金を用意しながらの入団拒否にロッテの本社筋まで大きくショックを受け、翌年以降のチーム大改革の契機となった事も書き添えたい。

    10
  • 匿名さん 通報

    ロッテは小池を指名しないと約束し湯舟の指名を決めたが、金田氏が独断で提出直前小池に変更した事が後年明かされた。小池側にはいい加減な球団の裏切りにしか映らず、交渉さえ拒否したのはその不義理も要因では。

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!