90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

スタッフが飲酒運転で死傷事故……わずか6回で打ち切りになった日テレの番組

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

毎週土曜日22時から放送されている『嵐にしやがれ』(日本テレビ系列)。番組がスタートしたのは、もう7年近く前のことです。

ところで、この『嵐にしやがれ』の枠、日テレ・土曜22時台では、伝統的に長続きする番組ばかりが放送されてきました。『嵐にしやがれ』の前任、『エンタの神様』は約6年11ヶ月レギュラー番組として君臨。その三代前の『THE夜もヒッパレ』は約7年5ヶ月。わずか1クール(3ヶ月)で終了した『電波少年に毛が生えた 最後の聖戦』もありましたが、日曜22時台に放送していた『電波少年』時代から数えれば、これもまた10年以上の長寿番組となります。
そんな中、日テレの同枠で、わずか6回という短命で終わってしまった番組がかつて存在したのをご存知でしょうか?

癒し系番組としてスタートした『雲と波と少年と』


番組のタイトルは『雲と波と少年と』。放送期間は2003年1月18日から2月22日にかけて。ひらがなを外すと『雲波少年』と読めることから、放送前には「また、電波少年みたいな無茶なことをやるのか?」と一部でささやかれていましたが、この番組のテーマは、ズバリ“癒し”でした。
2003年といえば、“癒しブーム”が全盛の時。井川遥が癒し系タレントとしてもてはやされ、エンヤをはじめとするヒーリング系CDが飛ぶように売れ、さらには、小泉政権下の財務大臣・塩爺こと塩川正十郎が「癒し系大臣」などと形容されるという、何かに付けて“癒し”にこじつけようとメディアが躍起になっていた時代です。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2017年1月14日 22時19分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!