90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

5万人の署名で実現! サザン伝説の「茅ヶ崎ライブ」を振り返る

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

サザンオールスターズないし桑田佳祐の楽曲には、大きく分けて3つの街が登場します。東京と横浜、そして湘南です。使い分けは実に明快。

東京はずばり孤独で淫靡な街(『東京』『東京ジプシーローズ』『亀が泳ぐ街』など)。横浜は大人の遊び場(『LOVE AFFAIR~秘密のデート』『涙のアベニュー』『思い出のスター・ダスト』など)。
最後に桑田の生まれ故郷・湘南ですが、こちらは青春の地。『希望の轍』『ラチエン通りのシスター』『湘南SEPTEMBER』といった楽曲の歌詞で表現されているのは、淡い思春期の思い出。おそらく桑田にとって、茅ヶ崎辺りの砂浜は彼が“世界一好きな曲”と公言しているイタリア人歌手・ミーナの名曲『砂に消えた涙』よろしく、若き日の情熱を埋めた青春の墓地なのでしょう。

昔は加山雄三の街だった茅ヶ崎


桑田率いるサザンがブレイクする前、茅ヶ崎は上原謙・加山雄三親子の街でした。もともと、9代目市川團十郎をはじめとする、文化人の邸宅が数多く立ち並ぶこの別荘地へ2人が移り住んできたのは戦前のこと。
以来、彼らにあやかろうと、住居のあった駅南口の最も賑やかな通りが『雄三通り』(それ以前は『上原謙通り』)と命名されるなど、長らく市公認の「街の顔」として君臨していたのです。

1999年夏、海水浴場が『サザンビーチちがさき』に


風向きが変わったのは、1999年夏。平成に入ってから来客数の減少に悩んでいた茅ヶ崎海水浴場の名称が、茅ヶ崎市観光協会によって変更されます。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2017年2月11日 22時02分

「5万人の署名で実現! サザン伝説の「茅ヶ崎ライブ」を振り返る」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!