90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

4

数々の伝説を生んだ! 人気ローカル番組「saku saku」の歴史

ライター情報:空町餡子

※写真はイメージです

[拡大写真]

全国放送のない地域密着型のローカルTV局は、その土地ならではのおもしろい番組やCMなどが見られることから、注目が集まることもある。HTB「水曜どうでしょう」やMX-TV「五時に夢中」などが有名だろう。
そして、20年にわたって神奈川地域のローカル局TVKで放送され、数々の伝説を生んだ音楽情報番組「saku saku」もそのひとつ。そんな「saku saku」は今年3月に放送終了することが発表され、惜しむ声が続出している。

「saku saku」名物! 屋根上トーク


「saku saku」といえば欠かせないのが、番組セットでもあるアパートの屋根を模した舞台の上でトークを進めるスタイル。ここで司会MCと影武者になったスタッフでもある“黒幕さん”が演じるパペットぬいぐるみ“増田ジゴロウ”のトークが話題となり、次第に人気を得ていく。

それというのも「saku saku」の前身番組だった「saku saku morning call」でMCのPuffyが降板したことにより、当初はぬいぐるみだけによる番組編成だったのだが、ここで初代MCとして新人タレントだった、あかぎあいが迎えられて現在のスタイルに変更されたのだった。
それ以降は約3年ごとにMCを交代し、木村カエラ、中村優、三原勇希、トミタ栞、NANAEと現在6代目まで続いている。

木村カエラの活躍と功績


特に番組の人気を押し上げたのは、当時はまだ無名のファッションモデルだった木村カエラの出演によるものが大きい。

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

2017年2月14日 11時30分

「数々の伝説を生んだ! 人気ローカル番組「saku saku」の歴史」のコメント一覧 4

  • オーシャン 通報

    人気があるのに終わってしまうのは残念ざんす

    7
  • 通いの飼い猫 通報

    初の番組オリジナルグッズ「増田ジゴロウパペット」を渋谷のハンズで6時間並んで買ったのを思い出した。    フィギュアも大人買いしたな~。    終わってしまうのは寂しい。

    4
  • 匿名さん 通報

    名古屋テレビでは系列局の人気コンテンツ「どうでしょう」は何故かすっ飛ばしてコッチをやっていたな。ちょうどこのサイコロが消えて帽子に変わった頃だった。ご愁傷様。

    3
  • 屋根の上の仔猫 通報

    このツーショットが大好きでした!!増田ジゴロウのグッズもたくさん買ったし、メールも3回ジゴちゃんに読んでもらった。キャラが変わってからは見てなかったなぁ。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!