90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

ブログで衝撃的な告白も……迷走した“3代目なっちゃん”の今

2017年4月1日 22時01分

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

女優の田中麗奈は、昔「なっちゃん」と呼ばれていました。理由はブレイクのきっかけとなった清涼飲料水『なっちゃん』のイメージキャラクターとしての印象が、あまりにも強過ぎたためです。
田中扮する新人女優「なっちゃん」の日常を描いたテレビCMは、短編ドラマ仕立て。田中の初々しさや、先輩女優役・加賀まりこの味のある芝居が評判を呼び、抜群の人気を誇ったものです。

当時、“話題のCM美少女”的立ち位置で、田中がバラエティ番組にゲスト出演して「田中麗奈です」と自己紹介する度に、「本名はなっちゃんじゃないんだ!」などとMCに突っ込まれ、当人は微妙な笑いを浮かべていたのを記憶しています。それほどまでに、この頃は田中麗奈=なっちゃんだったのです。

そんな元祖にしてもっとも偉大な、初代なっちゃん・田中麗奈の功績もあって、『なっちゃん』のコマーシャルは、清純派女優の登竜門と化していきます。堀北真希(2006年~2008年)や桜庭ななみ(2010年)など、後の人気女優も出演してきたこのCMシリーズにおいて、一際眩い輝きを放ったのが、本稿で紹介する星井七瀬です。
彼女が「3代目なっちゃん」に就任したのは、2003年のことでした。

『なっちゃん』のCMをきっかけに改名した星井七瀬


「わたしはな~っちゃん♪ 歌って踊る♪ 15秒だけのシンデレラ♪」

こんなキャッチーなフレーズを歌う、ミュージカル仕立てのテレビCMが話題となった、星井七瀬版なっちゃん。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!