90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

元木大介「落合から才能を認められ、長嶋監督から愛された“クセ者”」【プロ野球世紀末ブルース】

ライター情報:死亡遊戯

※写真はイメージです

[拡大写真]

「甲子園のアイドル」と聞いて誰を思い出すだろうか?

“甲子園の怪物”なら江川卓や、清原和博と桑田真澄のKKコンビ、松井秀喜、松坂大輔といったプロ野球でも一流選手の名前が挙がる。
これが“甲子園のアイドル”となると、斎藤佑樹、荒木大輔、オールドファンには懐かしい定岡正二や太田幸司らになると思う。

いつの時代もアイドルに求められるのは「凄さや強さ」より「儚さと切なさ」である。高校野球では、ドアップで映る時間の長い投手が人気の高い傾向にあるが、野手のアイドル球児と言えば、今回取り上げる上宮高校の元木大介だろう。

89年春の選抜の決勝戦では、自チームのサヨナラエラーという残酷な幕切れにグラウンド上で号泣する悲運のヒーロー元木。甲子園通算6本塁打は、清原の13本に次いで桑田と並んで歴代2位タイ。それでいて色白のイケメン。まさに人気と実力、強さと儚さを兼ね備えたアマ球界No.1内野手だった。
そんな逸材をプロが放っておくはずもなく、元木本人も小学生のときにサインを貰った王貞治への憧れもあり、巨人行きを希望。すでに30代に突入していた原辰徳を継承するスター候補生として相思相愛かに思われた。

巨人志望も……ハワイの浪人生活へ


だが、この89年ドラフトは野茂英雄や佐々木主浩が顔を揃えた歴史的な豊作年。巨人は早くから六大学の三冠王スラッガー大森剛(慶大)を囲い込んでいると噂だったが、元木の甲子園での大活躍と実質的な巨人逆指名に球団内部も揺れる。

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、なんでも書くストロングスタイルを標榜。『文春野球コラムペナントレース2017』で初代日本一に輝く。

URL:Twitter:@shibouyuugi

2017年5月10日 20時05分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!