90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

6

綾瀬はるかが芸能界引退のピンチに!? 過酷なダイエット企画に挑戦した過去

2017年5月16日 23時39分

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

スターダムにのし上がるため、無名の女優は時として、泥臭い仕事にも取り組まねばなりません。

たとえば昔、飯島直子が熱湯コマーシャルの熱湯に浸からされたり、篠原涼子が『ごっつええ感じ』でホンコンと無理やりキスをさせられたり、松嶋菜々子が『とんねるずのみなさんのおかげです』で卑猥な発言を連発させられたり……。

全国区のテレビに出られるのであれば、道化にもなる……。そんな気概こそが、明日のスターを夢見る女性タレントたちには、必要なのではないでしょうか。

不遇だったデビュー当時の綾瀬はるか


綾瀬はるかも、上記の女優たち同様、若き日に泥臭い仕事に取り組んだスターの一人。彼女がブレイクしたのは、2004年のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)への出演がきっかけ。

それ以前は、イベントで極小の水着を着用させられたり、アシスタントとして出演していた深夜バラエティ『品庄内閣』(TBS系)で品川や庄司に罵倒されまくったりと、清廉な今のイメージとはかけ離れた活動をしていたものです。

こうした不遇時代における彼女の代表なメディア露出の一つに、『B.C.ビューティー・コロシアム』への出演があります。

話題を呼んだ『B.C.ビューティー・コロシアム』


『B.C.ビューティー・コロシアム』は、フジテレビ系列で2001年10月26日から2003年9月26日にかけて放送された、金曜ゴールデンタイムのバラエティ番組。

内容としては、容姿にコンプレックスを持つ相談者(一般女性)が登場し、その外見のせいでいかに苦難の半生を送ってきたか、再現VTRにより紹介。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    和田ってチンピラの分際で何様のつもり?

    22
  • パイン 通報

    綾瀬はるか、好感度大。

    22
  • 匿名さん 通報

    金、消えなさい。❗️

    8
  • 匿名さん 通報

    こじらせてるからコジヘイなの? ドヤ顔で周知の事実を今更ネタにして楽しいですか? よっぽど、書く事が無いんだね。

    7
  • おじさん 通報

    こんなに昔の誰かが言ってた事を今さらの記事にしてるって… それに乗っかってコメント書くなんて…

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!