90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

7

ナイナイ矢部 vs みうらじゅん、過去にあった因縁とは?

ライター情報:下地直輝

※写真はイメージです

[拡大写真]

6月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に漫画家のみうらじゅんが出演し、過去の痴漢トラブルについて語った。
ある時、夜中に街を歩いていたところ警察官に呼び止められ、派出所への同行を求められた。痴漢被害を訴える女性が派出所に駆け込み、犯人の特徴を「長い髪」と伝えたため、みうらに嫌疑がかけられたのだ。

もちろん、みうらにとって身に覚えのない冤罪である。ところが、警察官は派出所にみうらを連行し、泣きじゃくる女性に「犯人を連れてきたから」と言い放った。とんだとばっちりである。

みうらじゅんは90年代にも、あるとばっちりを受けている。
それがナインティナイン矢部浩之からの「嫌い」宣言である。矢部は、レギュラーを務めていたラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)の1996年4月18日放送において「みうらじゅん嫌い」を暴露した。

「シバくリスト第1位」だったみうらじゅん


その原因は、新人時代に出演した吉本興業のプロモーションビデオ映画『お笑い虎の穴』にある。この作品の原作と監督をみうらじゅんが務め、主役には矢部の相方・岡村隆史が抜擢された。
みうらに熱心な演技指導を受ける岡村に負けじと矢部は「僕は、どんな感じに演技したらいいですかね?」と問いかける。ところがみうらの答えは「君、いらん」というそっけないものだった。

これ以降、矢部の中でみうらじゅんは「シバくリスト第1位」をキープするようになった。

関連キーワード

ライター情報: 下地直輝

実話誌編集者を経てライター。興味関心領域は、怪しい東南アジア、深夜ラジオ、90年代サブカルチャー、メディア文化史、出版文化、近現代史などです。

2017年6月25日 22時00分

「ナイナイ矢部 vs みうらじゅん、過去にあった因縁とは?」のコメント一覧 7

  • 匿名さん 通報

    おもしろくもなんともない記事

    9
  • 匿名さん 通報

    驚くほど中身のない記事ですね。

    7
  • 匿名さん 通報

    みうらじゅんと赤坂には結構怒ってたけど、KEIKOにはどちらかというと岡村の方が怒ってた印象。

    1
  • やりにげ 通報

    2005年以前の「・・虎の穴」上映イベントで、みうら氏は矢部が岡村の相方だと知らされてなく、年長のみうら氏から謝罪し和解したと語ってましたよ

    1
  • 匿名さん 通報

    え、これだけ?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!