90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

金メダリスト・清水宏保の「栄光と転落」

※写真はイメージです

[拡大写真]

長年、日本のスピードスケート界を牽引し、1998年の長野オリンピックで金メダル1個、銅メダル1個、2002年のソルトレイクシティオリンピックでは銀メダルを獲得した清水宏保。
昨年放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』で、その半生について告白している。

清水宏保の凄すぎる成績


1974年、北海道に生まれた清水宏保は、3歳からスケートを始めた。中学生のときに全国大会初出場すると、高校では、高校新記録も達成するほどの選手へと成長。

清水が初めてオリンピックに出場したのは、19歳のときのリレハンメル五輪(1994年)。500mの部で見事に5位入賞を果たした。
そして次に開催された長野五輪では、500mで金メダル、1000mで銅メダルを獲得。日本スケート界初の快挙であった。

2002年のソルトレイクシティオリンピックでも銀メダルを獲得(1位とはわずか0.03秒の差だった)した清水は、まさに日本が誇るスポーツ選手であった。

モデルと結婚、順風満帆に思えたが……


これらの輝かしい成績を打ち立てたスポーツ選手なら当然、精神的、肉体的にもストイックというイメージを世間は当然持つ。

しかし「しくじり先生」で語ったところによると、いつも心は“モテたい”気持ちでいっぱいだったことを告白。
「モテたい」一心で上京し、日本大学に進学したことや、大会に向けたモチベーションも「勝てばモテる」という願望だったことを明らかにした。

関連キーワード

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

2017年6月27日 09時00分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    今では老人と介護保険を食い物にする利権の守銭奴

    5
  • 匿名 通報

    頑張って下さい。ドン底の人生に落ちても、前向きにコツコツと、自分と大切な人を信じて、生きて生きて、生きて下さい。生き続けたら、新しい気持ちと世界が手に入る。と、信じています。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!