90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「タレント知事」が相次いで誕生した1995年

※写真はイメージです

[拡大写真]

現在、熱い戦いが繰り広げられている東京都議選。小池百合子都知事が率いる都民ファーストの会と自民党が第1党を向け接戦を繰り広げている。

ところで最近の知事の顔ぶれを振り返ると、橋下徹氏(大阪府知事)や東国原英夫(宮崎県知事)、石原慎太郎、猪瀬直樹(東京都知事)など、著名人が就任するケースが目立つ。

そんな「タレント知事」ブームの始まりと言えるのが、1995年。東京、大阪の両方で芸能界出身者の知事が誕生した。

「超マルチタレント」青島幸男が都知事に


東京都知事に就任したのは、青島幸男。青島は作詞家として『スーダラ節』『明日があるさ』などのヒット曲を手掛けたり、俳優として『意地悪ばあさん』で主演を務めたり、『人間万事塞翁が丙午』が直木賞を受賞したりと、「超マルチタレント」だった。
政界へ進出したのは1968年。長らく参議院議員として活動していた。

そして1995年、参議院議員を辞職し、東京都知事選挙に出馬することを表明する。このときの都知事選には、10年弱内閣官房副長官を経験し、自民党など4党の推薦を受けていた石原信雄も立候補しており、下馬評ではこの石原氏が当選確実と目されていた。

他にも大前研一氏などが立候補していたこともあり、泡沫候補とささやかれていた青島。ところが、青島が芸能活動で得た人気や「世界都市博覧会の中止」という目玉公約が評価されたのか、ふたをあけてみれば170万票以上を獲得する圧勝劇であった。

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

2017年6月28日 09時50分

「「タレント知事」が相次いで誕生した1995年」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!