90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

6

キャイ~ン・ウド鈴木は武闘派? 歌舞伎町で大乱闘を起こした過去

2017年7月16日 22時11分

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

ダウンタウンの松本人志が筋肉隆々になったのは、自分の家族を守るためだといいます。
人気芸人が、街中で素人から「握手してください!」「写真いいですか?」などとお願いされるのは、よくある話。しかし中には、しつこく絡んで来る場合もあります。
自分自身と愛する嫁と娘の安全を守るべく、松本は体を鍛えだしたのです。

面白さと肉体的強さ……。一見、相容れないように思われる2つの要素。ですが、人気お笑い芸人として長らく生き残っていくためには、たとえ街で絡まれたとしても動じずにいられる武力も必要なのでしょう。

ウド鈴木は芸能界一怖い?


ウド鈴木も、実は武闘派なタレントの一人。
テレビでの印象は明るく飄々としていますが、事務所の先輩・関根勤は「ウドちゃんは怒らせたら芸能界一怖い」と発言しています。

また、非常に肚の座った人物らしく、こんなエピソードがあります。
それはとある番組で行われた「たまたま立ち寄ったバーがぼったくりバーだったら?」というドッキリ企画でのこと。

何も知らずにバーへ来店し、お酒を飲んで帰ろうとするウド。ところが、驚くほど高額な料金を請求されてしまいます。すると、待ってましたとばかりに、強面の男が登場。ウドに金を払えと恫喝し、さらにはビンタまで見舞います。

並大抵の男であれば、無条件降伏は必至でしょう。ところが、ウドは一歩も引かず、「こんな理不尽な金は払えない」と毅然と言い放ったのです。

ヤンキーに絡まれたウド鈴木、大立ち回りを展開


そんなウドの武名を、広く世に知らしめた出来事といえば、2002年11月1日に起こった『歌舞伎町乱闘事件』でしょう。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメント 6

  • 誤字病 通報

    このタイミングでないと記事に出来ないからなぁ。今度はTV番組のぱくりかよ。人のブログをぱくるし。こじへいにプライド無いのか。

    16
  • 匿名さん 通報

    理不尽と言いながら蒸し返す

    14
  • 匿名 通報

    「なになにを願うばかりだ」とか、さも一般論的に擁護するような締めを付けて体裁だけはつくろう悪意の記事。 もう時代遅れだし読んでて恥かしくなる。 やめようよ、こういうマスゴミ覗く常套句。

    10
  • 黒帯 通報

    おみそれいたしました…

    1
  • 匿名さん 通報

    興行主は、どなた?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!