90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

3

Mr.マリックが語った"壮絶な家庭崩壊"とは?

2017年9月22日 23時00分

ライター情報:せんじゅかける

※写真はイメージです

[拡大写真]

1990年代、“超魔術師”として人気だったMr.マリック。仕事の方は順調そのものであったが、忙しさのあまり家庭をかえりみず、崩壊してしまったことを今年放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』で本人が明かした。

大ブレイクしたMr.マリック


Mr.マリック(本名:松尾昭)はサラリーマン時代から趣味でマジックに没頭。それが高じて転職し、マジック用品の店頭販売を始めた。
やがて海外のマジックコンテストで日本人として初めて優勝し、日本の一流ホテルのラウンジでショーを行うようになった。その頃にテレビ局のディレクターと出会ったことが、メディア進出へのきっかけとなった。

Mr.マリックがテレビ番組に出始めた1980年代後半から1990年代というと、オカルト・超能力ブームの時代。観客の目の前でまるで魔法のようにマジックを披露するMr.マリックの芸も“超魔術”と称され、大ブレイクを果たした。

娘の誕生日も分からない状態だった


もともと凝り性で職人気質というマリック。人気が出た後もさらに一流の“超魔術師”となるべく、努力を怠らなかった。
そのため、家にいる時も考えていることは常にマジックのことばかり。家族とほぼ会話をすることなく、自宅でも舞台衣装のまま生活していたという。

マリックは「金を稼いでいれば家庭はまったく問題ない」と考えており、子育てはすべて妻任せ。なんと娘・LUNAの誕生日さえも分からない状態だった。

こうした父の姿を幼いながらに見ていた一人娘のLUNAは、その異様な雰囲気に嫌悪感を抱き、いつしか父親に話しかけることさえしなくなった……。

関連キーワード

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    娘はその道で成功してるの?

    4
  • 匿名さん 通報

    やっぱすげーよ、この人。そうえば、昔きてまスプーンてあったなぁ

    3
  • 匿名さん 通報

    ハンドパワーか。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!