90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

安室奈美恵と小室哲哉の「運命の出会い」、お互いの才能を高め合う関係だった

2017年9月27日 11時00分

ライター情報:バーグマン田形

『Don't wanna cry』(※写真はAmazonより)

[拡大写真]

大きな波紋を呼んでいる安室奈美恵の突然の引退宣言。

芸能界からも様々な声が寄せられているが、筆者的には小室哲哉のツイート「正直、仕事で何とも言えない寂しさを感じるのは初めてです」が一番胸に刺さった。
日本の音楽界が空前の盛り上がりを見せた90年代、その牽引役となった2人の出会いをあらためて振り返りたい。

SUPER MONKEY'S時代から目をかけていた小室哲哉


小室が最初に安室に注目したのは、93年ごろのロッテ「マスカットガム」のCMといわれている。
当時の安室は、沖縄アクターズスクールの選抜ダンスユニット「SUPER MONKEY'S」の一員であり、このCMでは『愛してマスカット』に合わせてメンバーがダンスを披露。センターとして安室が一番目を引く作りになっていた。

この時点ですでに一級品の華があった安室だが、世間的な認知度はまだまだ。この段階で目を掛けるとは、さすがはB級アイドル好きの小室(記事はこちら)といったところか。

安室奈美恵は「trfの18歳バージョン」だった?


安室は94年8月から日本テレビ系音楽バラエティ『夜も一生けんめい。』の準レギュラーになり、95年4月に『THE夜もヒッパレ』リニューアル後はレギュラーに昇格したが、小室はそこでtrfを完璧に歌いこなす安室の非凡な歌唱力、ダンス力にあらためて注目する。

当時は、エイベックスの専務取締役だったMAX松浦がプロデュースした『TRY ME~私を信じて~』が70万枚超えを記録し、初のヒットが生まれた時期。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    90年代の日本音楽産業を薄っぺらにした張本人!

    6
  • 匿名さん 通報

    安室は薬物がらみで警察からマークされてる。ほんと多いよ、こういう芸能人って。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!