90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

4

落合博満「ファンと握手して、静かに現役生活を終えた元三冠王」【プロ野球世紀末ブルース】

ライター情報:死亡遊戯

※写真はイメージです

[拡大写真]

今年もこの季節がやって来た。多くのプロ野球選手がユニフォームを脱ぐ秋。華やかな引退セレモニーで送り出される者、夢半ばで挫折してトライアウトでの再起に賭ける者。

先日、ロッテ井口資仁の引退試合をテレビで観ながら、ふと思った。ロッテの6番……そう言えば、あの男の引退試合はどうだったかなと。昭和の終わり頃にロッテで背番号6をつけて大活躍した落合博満である。

落合博満が残した凄すぎる成績


なにせロッテ在籍時には、NPB最多の三度の三冠王を獲得。85年には打率.367、52本、146打点、OPS.1244、得点圏打率.492という凄まじい成績を残し、翌86年の出塁率.487はいまだにNPB歴代最高記録である(2位も85年落合で.4806)。
野球ゲーム『ファミスタ』のフーズフーズの「おちあい」は当時の子どもたちの間で「打ちすぎてズルイ」「給食のプチダノンを賭けた男と男の真剣勝負におちあい使う奴はチキン」となんだかよく分からないディスり方までされる規格外のスラッガーだった。

25歳の遅いプロ入りから、ミスター・オリオンズとまで呼ばれた男は86年オフに1対4の大型トレードで中日ドラゴンズへ移籍。すでに33歳だったが、両リーグ本塁打王に打点王とセ・リーグでも毎年のように打撃タイトル争いに顔を出し、オレ流調整法を巡り星野仙一監督との確執を煽られながら、88年にはリーグ優勝に貢献。

93年オフに長嶋巨人へFA移籍すると、あの伝説の10.8決戦では古巣中日相手に4番打者としてホームランを放つ勝負強さを見せた。

関連キーワード

ライター情報: 死亡遊戯

79年生まれ。デザイナー兼ライター。プロ野球、プロレス、サッカー、映画、おネエちゃん、なんでも書くストロングスタイルを標榜。『文春野球コラムペナントレース2017』で初代日本一に輝く。

URL:Twitter:@shibouyuugi

2017年10月6日 19時55分

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    中日を駄目にした男。嫌い。

    5
  • 匿名さん 通報

    ↑ここにもいたか「バカさん 頑張って下さい」野郎。

    4
  • 名無し 通報

    清原さん 頑張って下さい

    0
  • 匿名さん 通報

    ほとんど 犬のションベン活動だな。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!