90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

「ゾーンプレス」「フラット・スリー」……歴代サッカー日本代表を彩ったキーワードとは?

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

「デュエル」
遊戯王世代としては懐かしいこの言葉、12月9日にフジテレビ系列で放送されたサッカー東アジア選手権において、さかんに連呼されていました。意味としては「競り合いにおける球際の強さ」のことです。

思えば、歴代のサッカー日本代表というのは、こうした戦術的特徴を一言で表す言葉によってある種のキャラ付けがされてきたものです。
そこで今回、サムライブルーが過去にどんなキーワードで語られてきたのかを、振り返っていきたいと思います。

ゾーンプレス(加茂ジャパン)


「ゾーンプレス」とは、一言で表すと、積極的で組織的な守備のこと。ボールを持つ相手選手に複数人数でプレッシャーをかける「プレスディフェンス」と、味方同士で相手選手のマークを受け渡す「ゾーンディフェンス」の2つを組み合わせた、加茂周監督オリジナルの戦術です。

当時このキーワードはメディアでさかんに喧伝されましたが、結果がついてこず。加茂監督がワールドカップ最終予選の最中に解任されたことで、死語と化しました。

フラット・スリー(トルシエジャパン)


日本がまず着手すべきは攻撃面の強化ではなく、守備戦術の徹底……。
そこは加茂監督と一緒ですが、フランス人監督・トルシエは、まったく別のアプローチを展開しました。

その名も「フラット・スリー」。最終ラインに3人のディフェンダーを水平に配置する戦術であり、「オフサイドトラップを積極的に仕掛ける」「ゾーンディフェンスをする」「スイーパーを置かない」などの特徴があります。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2017年12月13日 10時00分

「「ゾーンプレス」「フラット・スリー」……歴代サッカー日本代表を彩ったキーワードとは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!