90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

ブルーリボン賞新人賞を獲得した元セクシー女優とは?

※写真はイメージです

[拡大写真]

メディアで活躍していた女性タレントや女優がセクシー女優に転身、というケースは過去にも例がある。
しかし、1992年6月公開の映画『ぼく東綺譚』("ぼく"はさんずいに"墨")で大役に抜擢されて話題を呼んだ墨田ユキ(当時24)はその逆。元はセクシー女優だったが、新藤兼人監督の同作品で大胆な演技を披露していた。

大河ドラマ出演もしていた


“墨田ユキ”は前述の映画『ぼく東綺譚』から取った芸名だ。1980年代は別の芸名でセクシー女優として活動していた。

芸能界へのデビューは、1980年代の終わりにレースクイーンとして活動したことがきっかけ。芸能界デビュー後、まだ世間にそれほど名を知られていなかったものの、NHK大河ドラマ『武田信玄』(1988年)や『春日局』(1989年)などにも出演していた。

女優としてさらなる飛躍!


そんな彼女がさらに大きな注目を集めたのは1992年のこと。映画『ぼく東綺譚』の主要キャストの座をオーディションで勝ち取ったのだ。

『ぼく東綺譚』は、彼女にとってまさにターニングポイントとなった。それまでも大河ドラマに出演していたとはいえ、多くの出演者のうちの一人。
しかしこの映画での演技が評価され、ブルーリボン賞をはじめ8つもの新人賞を獲得。その存在感をまたたくまに示すこととなった。

津川雅彦も舌を巻く演技


この映画で監督を務めたのは、新藤兼人氏だ。新藤監督は、別名“脱がせ屋”とも称されるとおり、“濡れ場”が多いことでも知られる。

関連キーワード

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

2017年12月14日 22時00分

「ブルーリボン賞新人賞を獲得した元セクシー女優とは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!