90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

インド映画ブームの火付け役! 『ムトゥ 踊るマハラジャ』の衝撃

ライター情報:こじへい

映画の都といえば、ご存じハリウッド。1兆円にも及ぶといわれるその市場規模は、他の追随を許しません。
しかし、映画の制作本数でいうと、アメリカは791本で世界第3位。第1位はインドで、なんと1907本。実に米国の2.5倍近くもの映画が、この南アジア最大の国家でつくられているのです。ちなみに第2位はナイジェリアで、997本だといいます(2015年・UNESCO Institute参照)。

日本でも密かなブームのインド映画


現在、国内における作品のほとんどが、ムンバイ(旧称:ボンベイ)で制作されていることから、「ボリウッド」などと呼ばれているインドの映画産業。同国の映画といえば、出演者が歌って踊る、いわゆるミュージカル的な明るいノリの作品が多いことでもお馴染みです。

加えて近年では、じっくり見せるタイプのヒューマンドラマも好調。加熱するインドの学歴社会に疑問を投げかける社会派青春群像劇『きっと、うまくいく』(2009年)、聴覚障害の純粋な青年との出会いを通じて、2人の女性が人生を変化させていく『バルフィ!人生に唄えば』(2012年)、運命に翻弄される男女3人の恋愛模様を描いた『命ある限り』(2013年)など、国際的に評価される作品も多数登場しています。

そんな隠れた映画大国・インドの評判がはじめて我が国に伝え広まったのは、今から約19年前の1998年。『ムトゥ 踊るマハラジャ』が公開されたことに端を発します。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2017年12月15日 10時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    密かなブーム、静かなブームという言葉がよく使われるが、果たしてそれらをブームと呼んでいいのかね。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!