90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

KAT-TUN・上田竜也のボクシングの腕前は? プロボクサーと真剣勝負も 

※写真はイメージです

[拡大写真]

10月のプロボクシング世界戦でWBA世界ミドル級王者のアッサン・エンダムを破り、1995年の竹原慎二以来、日本人として2人目のミドル級王者となった村田諒太。
試合前にKAT-TUNの上田竜也が「村田選手は戦いながら笑みを浮かべるところにアグレッシブな気持ちを感じる。いい意味で楽しんで戦っている姿が好き」とコメントした。

上田竜也といえば「炎の体育会TV」(TBS系)では、負けず嫌いで激アツな「上田ジャニーズ陸上部」監督のイメージが定着しつつあるが、実は陸上経験はなく、得意なスポーツはボクシングなのだ。

「俺の人生だから」上田竜也のボクシング熱


上田竜也がボクシングの魅力にはまったのは、漫画『はじめの一歩』の影響もあるが、2007年に仕事でニューヨークのボクシングジムを訪れたのがきっかけだ。「ニューヨークで一日だけ自分の好きなことができると言われたとき、ボクシングジムに行かせてもらって、のめりこみました」と語っている。

以来、毎日10キロのロードワークと週3回のボクシングジム通いをストイックに続けている。休みの日も昼はボクシングジムに通うし、暇があればシャドーボクシング。
「好きなことはとことんやる。でもボクシングに関しては飽きるとかはまるとか、そういう次元じゃなく俺の人生だから」とまで語っている。

プロボクサーと真剣勝負のガチンコ対決も!


2014年の『炎の体育会TV SP』では、上田が希望したボクシング企画がようやく実現。

関連キーワード

ライター情報: 佐藤ジェニー

杜の都仙台生まれ・在住。雑誌・広告記事を中心に雑食系コンビニエンスライター。約3年間の音楽系フリーマガジンの代表・編集長時代に多くのミュージシャンにインタビューを行う。ジャニ&ライブLOVE。

2017年12月18日 10時00分

「KAT-TUN・上田竜也のボクシングの腕前は? プロボクサーと真剣勝負も 」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    上田君は舞台が合ってると思います。今、テレビでガンガンに出たとしてもゴリ押し感が出てしまうし。。焦らず、地道に、役者道を進んでもらいたいと思います。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!