90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

K-1戦士・横綱に勝利! 「最強の素人」ボビー・オロゴンの凄さ

※写真はイメージです

[拡大写真]

03年の大晦日に行われた曙vsボブ・サップのスーパーファイト(記事はこちら)をご記憶の方は多いではないか?
TBS系で放送された中継は、最高視聴率43%を記録。民放としては史上初めてNHKの紅白歌合戦を瞬間最高視聴率で上回るという快挙を成し遂げた世紀の一戦だ。

多方面に影響を与えたこの試合は、ある外国人タレントの運命も大きく変えている。そう、インチキ日本語で軽妙にボケまくるボビー・オロゴンだ。

柔道金メダリストも舌を巻くボビーのパワー


この試合に触発されたボビーは、自身がブレイクしたTBS系『さんまのSUPERからくりTV』で柔道を体験する企画に挑戦する。

バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦に稽古を付けてもらう流れが、ボビーの指名により、古賀との試合形式の乱取りに突入。これが、ボケを連発していた稽古とはうって変わっての本気モード。
気合の力押しで前進を続けるボビーに、古賀が「力強い」「結構強い」とたじろぐ場面も。上手く力をいなされ巴投げで一本負けはしたが、ポテンシャルの高さを見せる形となった。

ちなみに、ボビーの決めフレーズというか口ぐせの「もす」は、このとき「押忍」の間違った解釈から生まれたもの。
思った以上にウケたので、気に入って愛用しているようである。

本格的に総合格闘技修行スタート


このVTRを見た番組司会者の明石家さんまが、「年末の格闘技イベント出場も夢じゃない」と冗談半分で言ったことから、2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』の出場を目指す企画にシフト。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2017年12月18日 10時00分

「K-1戦士・横綱に勝利! 「最強の素人」ボビー・オロゴンの凄さ」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    TVのやらせなどいやらしい要求にも明るくしたたかに対応してたボビーはすごいと思います。

    2
  • 温州ミカン 通報

    タレント仲間から「変なアクセントつけずに、普通にしゃべれ」って突っ込まれているとか。おまえは牧師か宣教師かw

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!