0

【遊戯王デュエルリンクス】スタンバイバーンデッキについて徹底解説!

2017年3月14日 14時43分 (2017年3月14日 15時34分 更新)
大量に搭載されたバーンカードで相手のライフを削り切るデッキである。

決まれば先行1ターン目で合計4000ダメージを与えるなど相手になにもさせずに勝つことができる。

今回はそんなデッキについて解説していきたいと思う。

スタンバイバーンデッキ

スタンバイバーンデッキの運用方法などを解説スタンバイバーンのコンセプトスキル「デュエルスタンバイ」によって初期手札を5枚に増やし、バーンカードによってダメージを与えるデッキである。

相手のデッキにほぼほぼ左右されることなく、デュエルすることができる。

先行1キルさえも回り方次第では狙えるデッキとなっている。

ある種、地雷デッキとも呼べるだろう。

今回はこのスタンバイバーンデッキについて解説していく。スキル「デュエルスタンバイ」必須お互いに初期手札を1枚増やせるスキルとなっている。

しかし、このスキルは真崎杏子専用のドロップスキルとなっている。

そのため、真崎杏子を使用してレジェンドデュエリストを周回する必要がある。

デッキ構築難易度は低めなので、このスキルを入手するのが一番大変かもしれない。「革命」を初期手札に引けるかどうかが重要相手の手札1枚につき200ダメージを与える魔法カード。

初期手札に「革命」が引けるかどうかがかなり重要になってくる。

こちらが先行で革命を引けていればこのカード1枚で相手に1000ダメージを与えるバーンカードになる。

初期ライフが4000なため、1000ダメージは大きいものになる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!