0

Psycho le Cemuメンバーが、ライブでエアロビ!? ヴィジュアル系ユニット・Daccoの"エアロビコンサート"を突撃

2015年7月23日 20時00分 (2015年7月27日 10時20分 更新)

 6月20日、ヴィジュアル系ユニット・Daccoによる"エアロビコンサート"が新宿BLAZEで行われた。

 DaccoはLidaとYURAサマ(※「サマ」まで名前)の2人組。1990年代後半に登場したビジュアル系バンド「Psycho le Cemu(サイコルシェイム)」のメンバー2人、といえば90年代育ちには馴染みがあるだろう。

 もともとDaccoのコンサートはダンサブルな曲に合わせた振り付けがあり、そこからエアロビクスのステップや動きを取り入れて発展させたのが「エアコン」(※エアロビクスコンサートの略)だ。なお、YURAサマは「AFAA認定エアロビクス&フィットネスインストラクター」の国際ライセンスを取得している本格派である。

 2013年の開始当初からソールドアウト続出で、瞬く間に人気イベントになった「エアコン」は、これまでに全国各地で40回以上開催されている。彼らのファンはもちろんのこと、運動不足を感じている20~30代のヴィジュアル系ファンの女性も足を運んでいるのだという。

 会場の新宿BLAZEも、普段はアイドルやバンドの公演が行われているライブハウスだが、この日だけはいつもと様子が違い、ジャージ姿の女性だらけ。ドリンクカウンターにも、ライブハウスらしくない水やスポーツドリンクなどのペットボトルが並んでいる。

 ステージには「グレープバイン」「ボックスステップ」などのステップの手順を書いた紙が貼られ(ちなみに、このステップ図が背中にプリントされたTシャツも物販で販売中)、フロアの床には人と人との間隔をとるためのテープ、所謂「バミリ」がほどこされており、一般的なライブとはかなり違う様相を見せていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!