0

【見学レポート】無印良品でおなじみ良品計画の本社が大リニューアル! “感じ良いオフィスづくり”はこうする

2017年4月18日 12時30分 (2017年4月19日 15時29分 更新)
リニューアルにあたり、コミュニケーションをもっと大事にしたいとスペースを入り口側に移動、広さも倍にしたそうです。■国産木材をつかった家具

こちらがうわさの“日本の木でできた家具”。

割り箸などにしか利用できなかった杉の小径木の端材を背合わせにして集成板にしているのです。これを考えた職人さんは木一本を余すことなく使う、という理念でこれを考えついたのだそう。

側面のダイヤ型、四角型の穴は、端材の接着処理、木のそり止めなどを施した結果必然的に生まれた形なんだそう。アクセントになっていてこれも味ですね。また、中が空洞なので見た目より軽く、移動が楽なのもうれしいところです。

■木のぬくもり効果

そこであんな記者から突然の告白が。

あんな記者「実はわたし、入社したばかりでまだすごい緊張してて……編集部の休憩スペースあるんですが使っていいのか分からないんですよね。だからこういう場所があったら新人さんもつかいやすいかも」


MOCA「そんな悩みを抱えていたなんて!ご飯誘うねっ」
全く気づきませんでした。これはリアルな意見ですね……

新井さん「会社ってスチールの家具等が多くてすこし冷たい印象があると思うんですよね、だから緊張する空気があるのかも。杉の力って偉大で。木のぬくもりってちょっとホッとする力があるんですよね」

確かにこの空間には入りやすいあたたかさが感しまられました。

あんな記者「おしゃれだし編集部にもぜひ取り入れてください!」

あんな記者も気にいった様子。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!