0

アニメ版ゴジラ、第二章「決戦機動増殖都市」18年5月公開 ビジュアルにメカゴジラ?

2017年11月18日 11時04分 (2017年11月25日 10時58分 更新)
日本アニメーション界最高峰のスタッフがおくるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』がいよいよ全国公開された。そして、早くも第二章が動き出す。タイトルが『GODZILLA 決戦機動増殖都市』に決定。合わせて、ティザービジュアルも公開された。新たなゴジラは2018年5月に強襲を開始する。

1954年に誕生した映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』だ。
本作が描くのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語で、ストーリー原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られるニトロプラスの虚淵玄が務める。虚淵の、突破力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は、多くのファンの心を捉えている。

第一章が封切られたばかりの“混乱”の最中、アニメゴジラ第二章のタイトルが『GODZILLA 決戦機動増殖都市』であると緊急発表された。
第一章の公開日である2017年11月17日からは、上映劇場にて『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のティザーポスターとティザーチラシが順次掲出&配布スタートしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!