0

いま就活が売り手市場なのと経済政策はぜんぜん関係ないよ (はてなの鴨澤)

2018年6月12日 13時00分

今回はkamosawaさんのブログ『はてなの鴨澤』からご寄稿いただきました。

■いま就活が売り手市場なのと経済政策はぜんぜん関係ないよ (はてなの鴨澤)

若い人が「就職が楽になったから安倍政権支持」みたいなことを言ってるのを見ると心が痛い感じがするので、公開されてる政府統計でわかるようなことを、ちょこっと書いておきます。

あらすじ。

1. 生産年齢人口は2012年以降に激減
2. 労働者の高齢化が進行
3. 増加したのは安い仕事
4. 企業の採用文化に大きな変化なし

では行ってみましょー。

■1. 生産年齢人口は2012年以降に激減

生産年齢人口(15~64 歳) は、平成7(1995)年に8716万人でピークを迎え、昨年2017年の確定値で7591万6千人*1と、1100万人ほど減少しました。

*1「人口推計(PDF)」2018年05月30日 『法務省統計局』
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201805.pdf

長期のグラフはこんな感じです。*2

*2:「生産年齢人口等の推移(PDF)」『首相官邸』
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/pdf/sankou_h290530.pdf

1千万人規模の変化というのはそれだけで非常に強烈ですが、特に2010年代前半の減少が顕著なのが見て取れると思います。

ここで起きているのは団塊世代の高齢者区分入りです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「いま就活が売り手市場なのと経済政策はぜんぜん関係ないよ (はてなの鴨澤)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!